本文へスキップ

風土を楽しむ

白と紫の藤を楽しむ「藤まつり」

画像:白と紫の藤を楽しむ「藤まつり」

  末広町を含む岩崎地域の憩いの場、「千年(ちとせ)公園」で藤の見頃に合わせ、5月頃に行われている「藤まつり」は、昭和61年(1986年)に「千年公園に藤を甦らせる会」が結成したことがきっかけで始まりました。

 かつて、千年公園は藤の名所として知られており、戦前は岩崎地域の住民だけではなく、近隣の地域からも藤の花を愛でに公園に赴いていました。
 千年公園の敷地近くには、地域の方に「妙見(みょうけん)さま」と慕われている神様が祀られる「高辻(たかつじ)神社」があります。その周りには杉の木が4本、高辻神社を囲むように生えており、その杉の木に白藤が見事に絡み合って、とても綺麗だった、と地域の方が懐かしむ声もありました。
 その美しい藤の様子から、「白藤明神」とも呼ばれていました。

 その後、戦争などにより藤の花が絶えてしまいました。美しい花を咲かせる藤の姿をもう一度見たい……そうして、昭和61年に「千年公園に藤を甦らせる会」が結成され、住民の寄付や市の助成金により、藤棚の製作が始まり、昭和63年(1988年)、ついに藤棚が完成しました。

 それから年月が経ち、平成6年(1994年)、藤の花が50年ぶりに咲き誇りました。その年、藤の花が咲いたことを記念して、「藤まつり実行委員会」の主催で1回目の藤まつりが開催されました。

 藤まつりでは、龍神に見初められ、川の中へとさらわれてしまった悲劇の姫君「能恵姫(のえひめ)」へ神事を捧げ、子供たちにより「能恵姫龍神太鼓」が奉納されます。さらに、咲き誇る藤の花を愛でながら、体を動かして楽しむゲームや、住民同士おしゃべりを楽しみます。
 町内会対抗のゲームは、老若男女が楽しめるよう、走りの早さを競ったり、力を競ったりするゲームはなく、コツを掴んで楽しめるものがプログラムに組み込まれています。

 藤まつりは、岩崎地域の9つある町内会同士親睦を深めるため、20年以上愛されている大切なイベントです。
 
2016年3月31日掲載

【産地直送ブログ】
岩崎地域で「藤まつり」の神事が行われました(2017年6月掲載)

ページ上部へ戻る