本文へスキップ

名産を買う

泉沢集落のセリ

画像:泉沢集落のセリ

-三関のセリには負けません!-

 冬の秋田名物数々あれど、代表はやはり「きりたんぽ鍋」。

 もちろん、主役はきりたんぽですが、その脇を固めるのに無くてはならないのが「セリ」。独特の香りが、醤油ベースの鶏ガラスープに良く合います。比内地鶏のしっかりとした濃いめの味とも相性が良く、さっぱりとしたその香りが肉のうまみをさらに引き立てます。
根っこの“シャキシャキ”した食感もまた、たまりません。

きりたんぽ鍋だけでなく、いものこ鍋にも入れるセリは、冬の秋田料理に欠かせない食材です。秋田のセリ産地としては、小野地域のとなり三関集落が有名ですが、小野地域でも泉沢集落でセリが栽培されています。

 雪が降り出す前は、露地で栽培されたセリが出荷されますが、鍋が美味しい季節には、ハウス栽培のセリが最盛期を迎えます。

 いくらハウスでも、秋田の冬はとても厳しいもの、そんな中でも美味しいセリが育つ秘密は、ズバリ「地下水」にありました。
地下深くからポンプでくみ上げられた水は、地上の水に比べて温かく、セリの生育にぴったりです。自然のミネラルに富んだ地下水をたっぷり使うことで、みずみずしく美味しいセリが育つことが出来るのです。

 当然、味のほうも、三関のセリに勝るとも劣りません!
秋田県内のスーパーや、道の駅などの直売所に出荷されるセリは、12月~春先までが最盛期。是非、貴方も味わってみてください!

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る