本文へスキップ

名産を買う

泉栄堂の若がえりまんじゅう

画像:泉栄堂の若がえりまんじゅう


泉栄堂一番の人気商品「若がえりまんじゅう」。手に取ると、その生地の柔らかさに驚かされます。吉野葛と沖縄の黒砂糖を練り込んであるため、蒸し上げる作業が通常の倍の時間必要という自慢の生地は、舌触りの良いもっちりとした食感を生みだします。さらに甘さを控えた皮むき餡が上品な味に仕上げています。

 泉栄堂のある堀回地域は名水に恵まれた地域です。こうした環境で作られたおまんじゅうを口にすると、ちょっと“若がえり”の気分を味わえそう。

平成22年(2010年)には中身も外見も“真っ黒”の「黒いべ」が登場。竹炭を混ぜた皮と胡麻餡の入った黒いべは、若がえりまんじゅうと同様に体に優しい味に仕上がりました。

ユニークなネーミングを話題に、笑顔と美味しさを提供できれば……そんな作り手の思いが込められた若がえりまんじゅうは、秋田県内各地のお土産店や、秋田空港、道の駅などのほか、インターネットや県南各地のイベント会場でも買うことができます。
2010年8月掲載

ページ上部へ戻る