本文へスキップ

食を楽しむ

芋がらのにんにく和え

画像:芋がらのにんにく和え

 小野地域では、「芋がら」を使った料理が郷土食として親しまれています。芋がらとはサトイモの茎の部分のこと。雪深い雄勝地方では、干した芋がらは、冬期間の大切な保存食でした。そして、この芋がらを使ったさまざまな料理が伝統食として各家々に受け継がれてきています。

 ご紹介する「芋がらのにんにく和え」の材料は、皮をむいたサトイモの茎を乾かしたものです。まず乾燥して固くなっている芋がらを、お湯で戻し食べやすい大きさに切って、すりつぶした豆腐、胡桃、砂糖、味噌、ニンニクで合えれば出来上がりです。ふわふわした豆腐とサクサクとした食感の芋がらが、味噌と砂糖で味付けされ、さらにニンニクの味がアクセントとなって、ピリッとひきしまった食感を楽しめます。秋田の県南地方は甘みの強い味付けが特徴。砂糖のさじ加減が、それぞれの家庭の味の決め手となっているようです。
 

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る