本文へスキップ

食を楽しむ

朴(ほお)の葉まま

画像:朴(ほお)の葉まま

 みどり鮮やかな朴(ほお)の葉を開くと、黄金色のきな粉をまぶしたご飯が姿を表します。

朴の葉で包んだ「まんま(ごはん)」が名の由来のこの郷土料理は、5月下旬から6月にかけて田植えの時期に食されてきました。皐月(5月)によく食べるということで「さつきまま」と呼ぶ人もいます。
大きな朴の葉は、今でいうラップや海苔の役目を果たしたのでしょう。朴の葉の上品な香りが食欲をそそり、手元も見栄えもよく、米どころ秋田の農村文化が生み出した郷土料理と言えます。
堀回地域では、塩昆布や筋子を混ぜたおにぎりにきな粉をまぶす家庭が多いそうです。甘さと塩味が絶妙に絡み合うおにぎりの食感は、県南・堀回ならではの味といえます。
朴の葉まま

2010年8月掲載

ページ上部へ戻る