本文へスキップ

食を楽しむ

あずきでっち

画像:あずきでっち

   あずきでっちは、東成瀬村の代表的なおやつとして親しまれ、椿台地域でも昔から伝わっている郷土料理です。

 
  材料には、あずき、もち米、砂糖を使います。作り方は、あずきと生のもち米を一緒に煮たものを練っていくのですが、この練り方によって、もち米の粒の大きさや色が多少違ってきます。この練っていく時に「でっち、でっち」と音がする、ということから「あずきでっち」と名付けられたという説があるそうです。
 そうして練り終わったものをバッドなどの型に入れて冷やしたら、あずきでっちの完成です。
 材料はいたってシンプルですが、作り方の過程によっては、大きさも見た目も違ってくる、まさに「各家庭のお母さんの味」ともいえます。
 
 「あずきでっち」の甘さと、モチモチとして食べ応えのある食感は、お茶請けや小腹がすいた時にもピッタリの一品。
  さらに、日が経っても不思議と固くならず、日持ちするおやつとしても重宝しています。
 
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る