本文へスキップ

食を楽しむ

「たまり」の芋の子汁

画像:「たまり」の芋の子汁

 野外で鍋ものを囲む会、県内では「なべっこ」と言われる秋の風物詩ですが、ここ小野地域のある雄勝では「芋の子汁会」と呼ばれ、「芋の子汁」が主役です。

 小野地域では、他とはちょっと違う味付けの「芋の子汁」が食べられます。「たまり」と呼ばれる味噌からしみでるエキス、この調味料が地元の料理によく使われ、「芋の子汁」の味付けにもこの「たまり」が使われます。
 
 素材の味を引き立てるあっさりとした風味は、醤油や味噌仕立てとはまた違った美味しさを「いものこ汁」に与えます。
 また、淡白な味だからこそ気になる鶏肉などの臭みも、上に乗った、こちらも小野地域名産「セリ」が上手に消してくれます。
 
 小野地域の収穫祭「芋の子汁会」では、河川公園で育てられ、小野地域の子どもたちが収穫した「いものこ」が使われます。

 また、県外では牛や豚を使うのに比べて、秋田県内では鶏肉、鶏だしがメインで、あっさり、すっきりした出汁にとろとろの「芋の子」がたまらない一品になっています。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る