本文へスキップ

歴史を知る

雪の出羽路雄勝郡に見る菅江真澄の足跡

画像:雪の出羽路雄勝郡に見る菅江真澄の足跡


文化11年(1814年)江戸時代の紀行家・菅江真澄は、地誌作成のため秋田県南部の雄勝郡を旅します。真澄が残した紀行「駒形日記」「高松日記」「勝地臨毫雄勝郡」には小安峡や川原毛地獄など湯沢市の観光地も多く登場しますが、若畑集落の名もこれらの中に登場します。この時の旅の内容を編纂しなおしたのが「雪の出羽路雄勝郡」と考えられます。

  地誌編纂が目的だったことから、当時の皆瀬の様子が詳しく記録されています。登場する山や沼の名前が克明なスケッチと文章で記録され、宮城県の鬼首や虎毛山、牛毛山といった名所も数多く登場。湯沢を代表する観光地・小安峡の大噴湯や川原毛地獄に加え、稲庭うどんについても記録を残しています。
 
 若畑の隣にある板戸村の曾我吉右衛門という翁を案内役にスタートした紀行には、板戸村から川原毛地獄、泥湯温泉へと向う様がつづられています。若畑にゆかりのある奥宮山や兜山についても、真澄は迫力あるスケッチを残しています。現在の板戸沼のことを指していると思われる「小沼」が、奥宮山の神様のお手洗い水だという由来を記し、奥宮山から見たと思われるスケッチは、今とまったく変わることなく描かれ、真澄の描写力の確かさが確認できます。
 
 スケールの大きな皆瀬の大自然を記録しながら、真澄は、その土地で見聞きした逸話を随所に交えました。阿部徳兵衛という大金持ちの使用人だった猿子という女性の悲しい話を聞いた真澄は、その猿子沼には弁財天を祭った祠があることに気づき、猿子の霊を慰めたのであろうか?と推測しています。真澄は旅の終わりに、「若畑村を下り、桜坂を越えて板戸村の三浦氏の家についた」と記しています。「雪の出羽路雄勝郡」の菅江真澄の足跡から、昔と変わらない皆瀬の風景をたどってみてはいかがでしょうか?
 
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る