本文へスキップ

歴史を知る

西馬音内(にしもない)城址

画像:西馬音内(にしもない)城址

-今も堀回を見守る、地域のシンボル-

 元西小学校の入り口に、「小野寺家大手門址」の文字が刻まれた石碑が置かれています。ここが、堀回地域のシンボルでもある「西馬音内城」の大手門、つまり正面入り口にあたります。西馬音内城は、小学校の背後にある浦田山、世の沢山の一部と舘坂地内に位置する、別名川名池城とも呼ばれる城です。

 室町から戦国時代にかけて雄勝地方を治めた小野寺氏の拠点の一つとされ、総面積23ヘクタール(こまちスタジアム約4個分)、幾重にも土塁、空堀を巡らせた遺構が良く保存されています。
 
 小学校裏の山道を登っていくと、まず「十三森」と呼ばれる十三の塚が見えます。そこからしばらく歩いて行くと、櫓(やぐら)跡の標柱にたどり着きます。標柱の先にあるのは櫓の土台。この櫓の下を通らないと本丸へとたどり着けないよう、巧妙に道は配置されています。
 櫓を抜けると、右手に櫓から続く巨大な三の丸の土塁を見ながら本丸に向かいます。一見、ただの山に見えますが、広大な敷地の中には明らかに人の手が加わった様子が残り、数百年昔の人々の息吹を感じることができます。
 
 本丸から見下ろした二の丸付近には、西馬音内城に落ちのびた矢島城主大井五郎満安が、自身の身の潔白を証明し戦火を防ぐために自刃した、と伝わる場所があります。それからほどなくして、最上氏の侵攻を受けた西馬音内城は、戦いを避けるため城主により火を放たれ、落城します。本丸の中心にある井戸には、落城の際に銀の茶釜を投げ込んだという逸話も残されています。
 
 また、羽後町歴史民俗資料館には、「秋田県指定史跡 西馬音内城跡 見学のしおり」が置かれており、見学の助けとなっています。
 毎年7月には本丸へ向かう道の草刈が行われるなど、元西、ひいては西馬音内地域の基礎を作り上げた領主が住んだ城として、今も地域の人々に誇りをもって愛されています。
 
 西馬音内城の散策ルートはこのほかいくつかありますが、見学の際には、羽後町教育委員会に道路の状況等をご確認ください。
2010年8月掲載
 
【お問い合わせ】羽後町教育委員会
TEL 0183-62-2111(代表)
 
■参考文献
『水と緑と史跡の里 見て歩記・資料編』
『秋田県指定遺跡 西馬音内城跡 見学のしおり』

【産地直送ブログ】
→堀回地域の西馬音内城址を巡る交流会 前篇後編(2015年11月掲載)
大井五郎満安という武将 ~4つの地域を訪ねて~(2013年4月掲載)

ページ上部へ戻る