本文へスキップ

歴史を知る

椿川神社と祭典

画像:椿川神社と祭典

 椿台には、集落を見守るように建つ椿川神社があります。地域の神社として親しまれています。

 6月末ごろの休日に「鎮火祭・虫送り(蝗除)」が神社で行われます。昭和30年(1955年)に起こった大火を再び起こさないために、そして、畑や田んぼに虫がつかないように神様に祈るお祭りです。
 
 地域の女性の方々が集まり、水を捧げてお祈りします。水は家に持ち帰り、火よけのお守りとし、もらったお札は田畑へ飾り、虫よけのお守りとします。
 
 12月には「お果たし」として、火事が起きなかったことの感謝を神様に伝えます。
 
 ある意味でこの後が「本番」と言えるのが直会の料理たちで、「あずきでっち」「寒天」「漬物」「山菜の煮物」などなど、お母さんたち自慢の料理が沢山並びます。
 
 賑やかな歓談がいつまでも続く椿川神社、このお祭りが終わると、地域には本格的な夏が訪れます。
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る