本文へスキップ

名物に触れる

樵夫(きこり)が伝えた「岩崎盆踊り」

画像:樵夫(きこり)が伝えた「岩崎盆踊り」

 岩崎盆踊りは末広町のある岩崎地域に伝わる盆踊りです。幕末から明治の始め頃、岩崎地域の弥吉山(やきちやま)の杉の伐採のため、現地で作業していた樵夫(きこり)から習ったと言い伝えられています。以前は岩崎地域の清影町を通る旧羽州街道沿いで盆踊りを行っていましたが、現在は8月16日、岩崎地域の6つの町内によって、湯沢市ふれあいセンター「かしま館」の前で行われています。岩崎盆踊りは踊り手が深く笠をかぶり、手踊りでゆったりとしているのが特徴で、お囃子の中には秋田音頭、ドンパン節や「地口(じぐち)」と呼ばれる面白おかしく言葉を並べた囃子唄があります。地口は世相を反映した風刺物や艶物で人気があり、会場には屋台が設けられ、帰省中の家族や親戚も集まり、岩崎地域の夜は賑やかにふけていきます。

■参考文献
『かしま館説明看板・岩崎盆踊り』『岩崎郷土カルタ解説書』

【産地直送ブログ】
湯沢市岩崎地域の「岩崎盆踊り」(2016年9月掲載)

 
2016年3月31日掲載

ページ上部へ戻る