本文へスキップ

語りを聞く

三又神楽と三又神楽研究会

画像:三又神楽と三又神楽研究会


-伝統芸能から知る“三又気質”-

  「節回しが似てるんだよなぁ、伊勢神楽に」
地元に伝わる三又神楽の印象を語るのは、三又神楽研究会に所属する下タ村一男さんと甲谷喜美雄さんです。

  • 三又神楽研究会・下タ村一男さん
  • 三又神楽研究会・甲谷喜美雄さん
 記録が残らない三又神楽は、伝承では寛文年間(1661年~1672年)、三又が大日向金山で栄えた頃、神楽師の錦野伝之丞が伝えたと言われています。三又では春と秋の年2回、お祭りで地域のシンボルである大山祇神社に奉納されてきました。お祭りが大好きな三又地区。神楽とお祭りは切っても切れない関係なのです。
 
 他の地域の神楽と比べて三又神楽がユニークなのが『興業』で神楽を演じたことです。
「春、田植えを終えたら、秋まで歩いて興業に出かけたらしいよ」。と語る一男さんは、三又神楽の獅子舞の舞い手の一人です。奥深い山村のため耕地面積が少なく兼業や出稼ぎをしなければ生活できなかった三又地区。「生活の糧も兼ねて有志が興業にでたらしいね」。と甲谷さんが語ってくれました。
 
 現在、三又神楽は活動を休止していますが、研究会では保存・継承の方法を模索しています。神楽をやり始めた理由を一男さんは「楽しくて遊びでやりはじめたのがきっかけ。自分たちが楽しまないと続かないからね」。そう、どんな状態でも決して辛気くさくならないのが三又流。三又神楽の歴史からは、三又の人々の気質も知ることができるのです。
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る