本文へスキップ

語りを聞く

市政協力員 菊地実さん

画像:市政協力員 菊地実さん

 横手市・木下地域には「自治会」「町内会」などの地域全体をまとめる組織はありませんが、様々な組織が木下地域で活動しています。「木下集落会館運営委員会」「JA共同班(JA木下支部)」「食生活改善委員会」「衛生組合」「老人クラブ」などの組織が活動しており、平成24年(2012年)度には新たに「木下ふれあい隊」が発足しました。
 
 このように様々な組織がある中で、行政と地域をつなぐパイプ役として活躍しているのが「市政協力員」です。市政協力員は各班の班長が2年交替で行っています。市政協力員は行政からの配布物を各班に分配したり、植田地区会議などの会議に出席したり、環境保全の旗を設置したりと「町内会長」に似た役割を担っています。
 
 木下地域は名人が多い地域です。木下ふれあい隊が主催する「木下いきいきサロン」では、地域の方が講師になり手芸教室などの体験教室が開かれます。
菊地実さんは昨年から横手市十文字地域づくり協議会の委員として「十文字和紙活用事業」の担当委員を務めることになり、「十文字和紙保存委員会」の活動に立ち会い、それ以来興味を持ち、病みつきになったそうです。作り方や材料など、とても楽しそうに話してくれました。
 
2014年5月9日掲載

ページ上部へ戻る