本文へスキップ

風土を楽しむ

雪中運動会

画像:雪中運動会

-雪深い三又の元気のシンボル-

 山内三又地域で、毎年2月末に行われる「雪中運動会」。

冬場の楽しみと健康づくりを目的に、三又集落で昭和55年(1980年)から開催されています。全10種目の競技を、下夕村、松沢、貝沢の3集落対抗戦で行う雪国ならではの運動会です。雪玉を数字の書かれた的に当て、点数を競うユニークな競技や、地域住民たちが一番盛り上がるカーリングなどが繰り広げられています。気持ちよく汗を流したあとには、全員で地域の伝統となっているおもてなしの餅つきを皆でおこないます。

雪深い三又地域の元気のシンボル「雪中運動会」に、ぜひあなたも参加してみませんか?

2010年4月掲載

ページ上部へ戻る