本文へスキップ

名産を買う

秋田大学の「いぶりがっこ」づくり

画像:秋田大学の「いぶりがっこ」づくり

  秋田県を代表する味となった「いぶりがっこ」。横手市三又地域では昔から「いぶりがっこ」づくりが盛んな地域でした。

 「三又旬菜グループ」代表の高橋篤子さんのお宅では、「いぶりがっこ」に使用されるダイコンのほか、いぶりニンジンの食材である伝統野菜「山内にんじん」が栽培され、「いぶし小屋」でじっくりといぶし、秘伝のタレにつけ込んで加工し、販売しています。
 
 これらに関わる作業を、秋田大学の学生が高橋さんのお宅で体験し、働くことの大変さ、農業の楽しさなどを勉強しています。「若い人が来て賑やかになったのが嬉しい」と、住民のみなさんも作業風景の変化を喜んでいました。
学生が仕込んだ「いぶりがっこ」は秋田大学で「いぶりばでぃ」という名で商品化され、好評を博しています。
平成22(2010)年4月掲載
 
【関連リンク】秋田大学
●ウェブサイト:横手分校 いぶりがっこ作り(外部リンク)

ページ上部へ戻る