本文へスキップ

名産を買う

住民たちの憩いの場「金澤朝市」

画像:住民たちの憩いの場「金澤朝市」

 横手市金沢(かねざわ)地域では、平成26年8月から、毎週土曜日に「金澤朝市実行委員会」の主催で「金澤朝市」を開催しています。※6月から10月までの開催で、冬期間はお休みです。
 JA秋田ふるさと金沢支店の駐車場で、午前6時から午前7時半までの間、販売を行っており、新鮮な野菜や果物、菓子、惣菜、手芸品など、多種多様な商品が出品されます。
 平成29年には、9月と10月に「金沢孔城館」で行ったライブコンサートと同時開催し、盛況となりました。
 また、年に一度、「金澤朝市実行委員会」で収穫祭を開催し、さんま焼きや芋の子汁を振る舞うほか、参加者と餅つきを楽しみます。
 朝市の大きな売りは、無料サービスの抹茶とコーヒー。抹茶やコーヒーを飲みながら、休憩スペースでゆっくりと会話を楽しむことができるため、住民たちの憩いの場にもなっています。

2019年3月29日掲載

 

ページ上部へ戻る