本文へスキップ

名産を買う

女性たちの加工グループ「アップルファーム」

画像:女性たちの加工グループ「アップルファーム」

 「アップルファーム」は昭和55年(1980年)、生活改善グループとして、りんご農家の元気なお母さんたちが集まって結成されました。
 
 当初は無添加りんごジュースなどを製造していましたが、その後、りんご焼き肉のタレ、りんごチャツネなど、新しい商品作りに取り組み、平成3年(1991年)の秋田県種苗交換会で焼肉のタレが農林水産大臣賞を受賞。それをきっかけに全国に名前が知られるようになりました。
 
 平成23年(2011年)には秋田県立増田高校農業科学科3年の野菜専攻班「たっぴ~ズ☆」とともに、「たっぴさんちの八木(やぎ)にんにくソース」を開発しました。八木にんにくは旧増田町の八木地区で江戸時代から栽培されている地場野菜で、大玉で甘みがあるのが特徴です。増田高校では栽培と普及活動を手がけています。
 
 八木にんにくにトマトやタマネギ、そしてりんごを合わせたフルーティーで美味しいソースに仕上がっており、パスタやピザトースト、温野菜などによく合います。平成23年に開催されたJA全中主催「ごはんDE笑顔プロジェクト選手権」で北海道東北大会優良賞、秋田県教育委員会主催の「高校生商品開発プロジェクト」では、優秀賞を獲得しました。
 
  原料のりんご、タレに使うニンニクやタマネギ、ショウガなどの野菜、醤油や味噌も地場の産品を利用。安心とおいしさにこだわって、手作りのおいしさを届けています。
 
2013年8月掲載
■参考文献 
農協共済新聞「あきた版」2011年2月2週号

【関連リンク】産地直送ブログ
→2012元気ムラ大交流会レポート前編後編(2012年10月掲載)
2011元気ムラ“交流”商談会レポート(2011年11月掲載)
2010元気ムラ商談会レポート(2010年9月掲載)
 
【お問い合わせ】 アップルファーム代表 藤原愛子
●住所 秋田県横手市増田町亀田字半助村136(加工所)
●電話 0182-45-3510(自宅)

ページ上部へ戻る