本文へスキップ

食を楽しむ

虎皮巻き

画像:虎皮巻き

  虎皮巻きは横手市内で昭和50年代から家庭で食べられていたお菓子で、亀田地域でも昔からおやつとして、また、結婚式など大勢の人が集まる時に食べられていました。
 
 外側はホットケーキで巻かれており、虎柄の焼き目が入っています。皮の中身は甘酢飯に食紅などを使って薔薇や紅葉などの色とりどりの模様が付けられ、見た目にも楽しむことができます。
 
 虎皮巻きは道の駅十文字で販売されています。太巻きと虎皮巻きが一切れずつセットになったパックも販売されていますので、皆さんも是非味わってみてはいかがでしょうか。
 人気のため、売り切れる可能性もありますので、お買い求めはお早めに!
 
【お問い合わせ先】道の駅十文字
住所:秋田県横手市十文字町字海道下21-4
電話番号:0182-23-9320 
2013年8月掲載

ページ上部へ戻る