本文へスキップ

食を楽しむ

納豆餅

画像:納豆餅


  秋田県横手市には「納豆発祥の地」という石碑があり、ここが「納豆発祥の地」という言い伝えがあります。その横手市に属する金井神・上坂部(かないがみ・かみさかべ)地域では、納豆とお餅を一緒に味わう風習があります。作り方はいたって簡単で、お餅に納豆をかけるだけ! この「納豆餅」は、主に山形県内陸の家庭料理として食べられ、他ではあまりない料理だそうです。

  金井神・上坂部地域では、昔から各家々の納屋で納豆を作る風習がありました。現在でも、こたつの下で醗酵させて納豆を作ることがあると言います。

 そんな金井神・上坂部地域の「納豆餅」は、焼きたてのお餅に納豆をかけたり、お餅と納豆をともに混ぜたりするシンプルなお料理で、ずっと昔から金井神・上坂部地域の「家庭の味」として親しまれてきました。
 
 お手軽な地域の家庭の味「納豆餅」を、皆さんも是非味わってみてはいかがでしょうか。
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る