本文へスキップ

歴史を知る

りんご染めの女性グループ「プリティアップル」

画像:りんご染めの女性グループ「プリティアップル」

  横手市増田地域には、地域の特産のリンゴの皮や枝を使用したりんご染めの作品を製作する女性有志のグループがいます。

   平成23(2011)年、この年の大雪でりんご農家はこの先数年間にわたる大きな被害を受けました。このままではりんご農家は食べていけないと、「増田地区生活研究グループ」で活動していた11人が折れた枝を再利用する「りんご染め」を思いつきました。
   彼女たちは草木染の技術を学ぶために、京都や東京、浅草を訪れ、その技術を2年かけて習得します。そして平成25(2013)年9月、「プリティアップル」を結成し、りんご染めの制作を始めました。そこから横手のお土産品として商品化するまでになりました。
また、年に2~3回、亀田地区交流センターで体験講習会も開催しています。

 プリティアップルの作品は増田の町並み案内所「ほたる」や、「まちの駅福蔵」で販売されています。

令和3(2021)年5月掲載 
 

【お問い合わせ】プリティアップル代表 佐々木初子
住所 〒019-0701 横手市増田町増田字平鹿向38
電話 090-7076-8257
FAX     0182-45-3372

【関連リンク】産地直送ブログ
横手市増田の女性たちが作るプリティアップルの「りんご染め」(2021年掲載)
「地域の元気お届けマーケットin秋田ふるさと村」を開催(2018年掲載)
秋田駅の「ぽぽろーど」で秋田がんばろう市が開催されました(2015年2月掲載)
横手市、増田「プリティアップル」の「りんご染め」をご紹介(2014年8月掲載)

【関連リンク】
(一社)横手市観光推進機構 ウェブサイト

ページ上部へ戻る