本文へスキップ

歴史を知る

継続は力なり「木下(きじた)ふれあい隊」

画像:継続は力なり「木下(きじた)ふれあい隊」

 地域住民同士の交流や親睦、結びつきを深めることを目的に、平成24年(2012年)4月に「木下ふれあい隊」が結成されました。メンバーは農家や、農家でない方、仕事を退職した住民など8名で構成され、今年の1月より新しく3名の方が志しを一つに加入しました。「即決」と「行動力」そして「継続は力なり」をモットーに活動しています。

 木下会館を拠点として「木下いきいきサロン」を毎月第2・第4木曜日に行っており、有識者・専門分野の方々からの健康講話と体操教室(らくらく体操)を行っています。その他にも、お話会、手芸教室の開催や、地区の見回り、買い物支援、木下健康広場の桜の剪定、冬期間は排雪・除雪活動も行っています。
 
 こうした活動が評価され、平成25年(2014年)2月には平鹿地域振興局主催の「元気なふるさと秋田づくり顕彰事業」で表彰されました。これからも、木下地域の活動に期待大ですね!
 
2014年5月9日掲載
【産地直送ブログ】
 

ページ上部へ戻る