本文へスキップ

歴史を知る

保呂羽山波宇志別(ほろわさんはうしわけ)神社

画像:保呂羽山波宇志別(ほろわさんはうしわけ)神社


  保呂羽山波宇志別神社は横手市大森町に位置し、創建は天平宝字(てんぴょうほうじ)元年(757年)と伝えられています。本殿は保呂羽山の山頂、標高438メートル地点に鎮座し、参道には秋田藩主が参拝の際に籠を降りた「かご立場」、そして女人禁制の山のため、女性が登っても良い位置にある参拝所「下居(おりい)堂」、うっかりと女人禁制の場所まで登ってしまった女性が石になったという「子守り石」などがあります。 

かつて、金井神・上坂部(かないがみ・かみさかべ)地域では、1月4日に保呂羽山波宇志別神社で梵天(ぼんでん)の奉納が行われていました。お祭りが行われていた当時は、金井神・上坂部地域の梵天は県内で最も早い時期に行われたとも言われています。

 昔は、雪がまだ深い中、整備されていない冬山をなんと、上半身裸で登っていたと集落の方が話してくださいました。梵天のルートには、登山道とは別に金井神地区から一気に上るルートがあるそうです。
 
 今では山頂までの登山道がよく整備されています。また、保呂羽山少年自然の家の登山コースにもなっています。
 
 登山に訪れる際には、途中に鎖やロープをたぐって登る、険しい道もございますので、十分お気をつけてお越しください。
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る