本文へスキップ

名物に触れる

霜月神楽

画像:霜月神楽

 横手市保呂羽(ほろわ)地域の波宇志別(はうしわけ)神社に伝わる「霜月(しもつき)神楽」は、今年の収穫に感謝し、来る年の五穀豊穣を祈願する神事です。
1200年以上の歴史をもつと言われる霜月神楽は、夜を徹して行われます。伊勢系の「湯立神楽」に属し、近郷の神官が祭主の神殿に集まり神楽を行う「寄合神楽」の形態を伝える貴重な神楽として、昭和52年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。
 

令和2(2020)年3月掲載

【開催日・開催場所】
●開催日:11月7日PM7:00~11月8日AM6:00頃
●開催場所:横手市大森町八沢木字木ノ根坂200
   波宇志別神社里宮(※神楽殿ではないのでご注意ください)

【関連リンク】横手市役所
●ウェブサイト:霜月神楽紹介ページ(外部リンク)

ページ上部へ戻る