本文へスキップ

名物に触れる

祝い餅つき

画像:祝い餅つき

 三又地域の伝統的な行事に「祝い餅つき」というものがあります。

三又では、昔から住民が家を新築すると、村中の人間が集まって餅つきを行うなど、祝いごとがあるたびに、餅つきを行ったそうです。

 三又の祝い餅つきは一風変わっており、餅をつく「杵(きね)」は、大人の背丈よりも高い、細長い木を使用します。そして杵をもった7~8人ほどの人々が、臼の周囲で、餅を杵でつきます。餅をつく人数は、多ければ多いほどいいそうです。

大人数で餅をつくため、歌をうたいながら、掛け声をかけて、リズムを整えます。ある程度つき終わったら、全員一斉に杵で餅を臼から持ち上げるのが、祝い餅つきの最大のみどころです。

出来あがったお餅は、きな粉をまぶし、ホオノキの葉っぱに乗せれば出来上がりです。朴の葉の香りを楽しみながら、手づかみで食べるのが三又流。祝い餅つきは、三又地域の雪中運動会や、ウッディさんないのイベントなどでも行われています。
 
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る