本文へスキップ

語りを聞く

協和SUNSUNクラブ

画像:協和SUNSUNクラブ

 小種の農家の母さんたちで組織する「協和SUNSUNクラブ」は、協和の小種地域で生産した野菜を、御所野イオンや土崎イオンへ出荷しています。JA秋田おばこのすすめで10年前から産直販売に取り組んでいます。

 多種多様な野菜のほか、春には山菜も出荷販売しています。

 野菜の鮮度と安全を第一に心がけており、その味は大量生産されたものとは全然違うと、お客様からも高い評価を頂いています。

 取り組みは毎日のように野菜を出荷することができるのかと不安を抱えてのスタートでしたが、今では協和SUNSUNクラブの野菜を目当てに開店前から並んでいたり、産直の野菜はあるかと問い合わせがあったりと、根強いファンが着実に増えています。

 協和SUNSUNクラブのメンバーは、「自分たちが作った野菜が売れていくのがとても楽しい。今後も新しい人を増やして協和SUNSUNクラブを継続させていきたい」と話してくださいました。

 皆さんも協和のお母さんたちが心をこめて育てた、新鮮で安全な野菜を味わってみてはいかがでしょうか。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る