本文へスキップ

語りを聞く

余目地域活性化対策いきいき会議協議会 会長(平成22年度) 加藤加一さん

画像:余目地域活性化対策いきいき会議協議会 会長(平成22年度) 加藤加一さん

 

 

 「私は余目産です!」

ユニークな挨拶をしてくれたのは、生まれも育ちも余目である「余目地域活性化対策いきいき会議協議会」の加藤加一会長です。いつも笑顔で私たちを出迎えてくれます。
 
 加藤会長は、「地域づくり活動」において、どんなに時間がかかっても地域住民全員参加で築き上げることをモットーにしています。
 
 例えばイベントを企画するとき。必要最低限の人数で準備を行えば、簡単に進められるかもしれません。しかしそれでは、一部の人たちが盛り上がるだけで終わってしまう可能性があります。

「田舎の人は、自分たちでは気付いてないことが多いですが、素敵な宝物をいっぱい持っているんですよ。」住民ひとりひとりの魅力を引き出して、個性を発揮できる場を作る。いいところは誉め合う。そうして皆が楽しんで継続していければ、地域の活性化に繋がると加藤会長は考えます。
 
 斬新な発想を思いついては次々と挑戦し続けるのも加藤会長の魅力の一つ。工夫を惜しまず、地域のために尽くす姿勢には感銘を受けます。
加藤会長はつねづね「余目のみんなががんばっているので、その場で会長として活動させて頂いているのが幸せ」と口にします。
 
 誰よりも余目を愛する加藤会長によると、余目の力の源泉が住民の皆さんの団結力にあり、一人一人が楽しみながら参加しているそうです。
2010年8月掲載

ページ上部へ戻る