本文へスキップ

語りを聞く

半道寺自治会

画像:半道寺自治会

     
 半道寺自治会は、9集落の住民からなる認可地縁団体です。半道寺自治会は、平成25年(2013年)に総務省と大仙市の支援を受け、「半道寺地域づくり・人づくり・未来づくり事業」を開始しました。
「集落間の連携」、「世代間の交流」、「安全・安心の確保」をメインテーマに掲げ、「半道寺三世代交流会館建設」、「半道寺室内ペタンク大会」、「婆っちゃのむかし料理教室」、「元気な半道寺づくり講座」、「半道寺合同防災訓練」、「防災」の6つの事業に取り組みました。
それぞれの取組には自治会だけでなく、「半道寺老和会」、「婦人会」、「さなづら子ども会」、「消防団」など、様々な団体が協力し、半道寺地域全体で事業に取り組んでいます。
半道寺自治会が活動を興したのは、地域で行っていた座談会の中で話題に上った「盆踊り」を懐かしむ声がきっかけでした。半道寺地域で行っていた盆踊りは30年以上前から途絶えています。盆踊りのように住民同士の若い世代を含めた世代間交流が出来る場づくりをするため、「半道寺三世代交流会館」を建設し、「半道寺ふるさと祭り」などの行事を開催しました。ふるさと祭りは老若男女が集まり、笑顔が絶えないお祭りとなりました。
また、「高齢の方が自宅で寂しくならないように」と、三世代交流会館内でペタンクやスカットボールなどの大会や、料理教室を開催したところ高齢の方から料理の知恵を学ぶなど、高齢者同士の交流だけではなく、お母さんたちとの交流も出来ました。
「半道寺三世代交流会館」は地域内の新たな避難所に指定され、避難訓練や食料の備蓄などを行い、イベントなどでの利用のほか、災害時の拠点とされています。
平成26年(2014年)には、地域内に向けて「防災意識調査」が行われました。災害時に備え、「防災マップ」を作る計画も挙がっており、安心・安全な半道寺地域の未来へ一歩一歩近づいています。
 
2015年3月31日掲載
 

ページ上部へ戻る