本文へスキップ

語りを聞く

黒沢実行改善グループ

画像:黒沢実行改善グループ


-本格的なしめ飾りと、綺麗な彼岸花はいかが?-

冬、雪に閉ざされ、ほとんどの農作業が出来なくなります。そんな季節、黒沢のとある空き家を利用した作業所で、おばあちゃんたちが忙しそうに働き始めます。大曲仙北地域のスーパーに並ぶ季節物、「しめ飾り」と「彼岸花」を作っているのが「黒沢実行改善グループ」です。

11月下旬から正月飾りに欠かせない「しめ飾り」づくりが始まります。藁を結んだ上に、縁起もののユズリハやマツ、七福神などの飾りを取りつけます。
海外製の製品に押されている昨今ですが、グループのこだわりは「本物の緑」を使うこと。飾りの植物はすべて黒沢の山で採れた「本物」。プラスチック製にはない質感の良さがポイントです。

その後、1月末から2月ごろにかけて、今度は「彼岸花」の造花づくりが行われます。お墓に備えるものですが、腐らず処理も簡単、しかもリーズナブルなので良く売れるそうです。

花びらはほおの木を薄くカンナがけしたもの、茎は竹を使用しています。自宅で部品を作った後は、作業所での作業となります。花弁の染色から始り、組み立てて、茎に緑のテープを巻きつけながら葉を付け、出来上がった製品をビニールで包装していく……その手際の早さは見事なものです。

もともとは、冬場の小遣い稼ぎになればと、10年ほど前から始まった活動でした。
先輩たちが地道に販路を広げていったことで、しめ飾りや彼岸花は、今では大きな小売店でも見ることができます。

収入自体は微々たるもの、と言いますが、それよりもみんなで集まってやる作業が楽しいとメンバーは口をそろえます。冬場は外に出ての作業もできず、家の中でテレビを見るぐらいしかない、そんなときにこういった作業自体が面白い! と言います。
 
 冬になるたびに、おばあちゃんたちは小さな作業所で楽しく作業を続けます。
2011年4月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
宮城県大崎市立清滝小学校と黒沢地域の交流(2012年12月掲載)
黒沢地域の注連縄づくり(2012年11月掲載)
黒沢地域の彼岸花づくり(2011年2月掲載)
黒沢地域でしめ飾りづくりが最盛期(2010年12月掲載)

ページ上部へ戻る