本文へスキップ

風土を楽しむ

くろさわフェスティバル

画像:くろさわフェスティバル

 「1年365日のうち、364日のストレスを発散できるようなイベントでありたい。」

 毎年8月の第3土曜日、黒沢会館隣の広場にある常設ステージを会場に、アマチュアバンドのライブを主体にしたお祭りを開催しています。

 かつて黒沢地域では、8月17日に、村社である今木神社の祭典が行われていましたが、人口の減少などにより年々難しくなってきました。そこで黒友会の有志達が立ち上がり、40年ほど前に新たな形でイベントを始めたのが、現在のくろさわフェスティバルの原型です。

 アマチュアバンドのライブを組み込んだのは2005年からです。県内外で活躍する個性的なバンドが多く出演することもあり、熱心な音楽ファンのほか、近隣の市町村からもたくさんの観客が参加するようになりました。ライブのほかに当日飛び入り参加可能なニテコサイダーの早飲み大会や、民謡歌手による歌謡ショーも行われるなど、地域のみなさんの世代を超えた交流の場となっています

●URL くろさわフェスティバルホームページ

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る