本文へスキップ

風土を楽しむ

半道寺ふるさと祭り

画像:半道寺ふるさと祭り

 大仙市半道寺地域の拠点施設「半道寺三世代交流会館」から聞こえる賑やかな笑い声。「半道寺を元気にしたい」という思いから開催された「半道寺ふるさと祭り」は、平成25(2013)年に、総務省と大仙市の支援を受けた「半道寺地域づくり・人づくり・未来づくり事業」の一環で半道寺自治会の主催で始まりました。毎年10月から11月頃に開催されています。

1回目のふるさと祭りは、地域住民のほか、近隣地域の住民も招待して行われ、地域の有志が集まって結成した「半道寺おもてなし一座」が初めてチンドンパフォーマンスを披露しました。
 
ふるさと祭りは、ゲストのパフォーマンスや、半道寺地域の芸達者な皆さんによる踊りや歌などを楽しむ笑いが絶えないお祭りです。祭りに参加した人が「久しぶり!」と声をかけ合う姿も見られ、住民同士の繋がりづくりの場となりました。令和元(2019)年で7回目の開催となり、半道寺地域の恒例行事になっています。
 
平成27(2015)年3月掲載
令和3(2021)年3月更新

【関連リンク】産地直送ブログ
第2回半道寺ふるさと祭りに行ってきました(2014年12月掲載)
半道寺地域の「半道寺おもてなし一座」(2014年10月掲載)

ページ上部へ戻る