本文へスキップ

名産を買う

白岩焼

画像:白岩焼

 

 

 雛人形、にわとりのえさ箱、トイレの紙入れ…どこの家にも白岩焼があった…最盛期には年間4万個以上の白岩焼を生産していた白岩地域の活況がうかがえるエピソードです。
 白岩焼は江戸中期から明治中期にかけて、白岩地域で生産された陶器です。その名が歴史に登場するのは明和8年(1771年)、相馬焼の流れを組む松本運七が、白岩で上質な陶土を発見したことから始まります。「イロハニホへ」と名付けられた白岩焼を作る窯跡が集落に今も多く残っています。見下せばヤエ~ 上方まさる瀬戸も出る、其瀬戸にヤエ~ 色模様つけてはやります」。地域に伝わる民謡「白岩節」にも歌われた白岩焼は、地域経済にとってたいへん大きな存在でした。
 
白岩焼。生活に密着した容器として広く使われた
 
 白岩焼の特徴は赤茶の土色と美しい青色のコントラスト。青を生み出す「柚薬」と呼ばれる薬と、鉄分を含んだ土、そして焼き方の温度調節…これらすべての条件をクリアしてもその美しい青がでるとは限りません。上ノ台堤から土を採る作業、柚薬に必要な木材の切り出し…白岩の前郷通りに住む人々は白岩焼の生産にさまざまな形で関わり、地域は白岩焼とともに栄え、白岩焼の終焉とともに静かな農村に姿を変えました。今でも、当時の「屋号」が前郷通りの家々には残されており、職人長屋だった前郷通りの賑わいを感じずにはいられません。
 
現在の白岩前郷集落
 
明治に一度途絶えた白岩焼ですが、そこは歴史と文化を受け継いできた集落。白岩焼を復興しようという人々の努力により、現在も制作を続けている窯元があります。130年の歴史をもつ白岩焼の煙は、今も途絶えることなくあがり続けています。
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る