本文へスキップ

食を楽しむ

川ガニ料理

画像:川ガニ料理

 地域を取り巻くように雄物川が蛇行する小種地域では、その雄物川より捕れた川ガニの料理文化が根付いています。小種地域では「モクズガニ」を古くから川ガニと呼び、食してきました。

 この「モクズガニ」は中国の高級食材である「上海蟹(シャンハイガニ)」と同属異種。味は上海蟹に負けず劣らず大変美味だそうです。一般的なミソ汁や、「上海蟹」と同様に塩茹でなどの食べ方が小種地域の定番です。蟹ミソが甲羅一杯詰まり、旨味がギュッと濃縮される旬の時期は10月ごろ。

 小種地域で長年食されてきた伝統的な食材ですが、近年では幻の味として食通の間でもたいへん注目されています。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る