本文へスキップ

食を楽しむ

余目さくらそば

画像:余目さくらそば

 

 「余目地域活性化対策いきいき会議協議会」では地域の休耕田を利用してそば栽培に取り組んでおり、さくら花火鑑賞会の出店や、直売所「e-かげんな父ちゃん母ちゃんの店」などで販売しています。毎年秋には、新そばまつりも開催されます。
 
 歯切れがよく、しっかりとした食感のそば。芳醇な香りが鼻に抜けます。定番は「かけそば」ですが、夏には季節限定の「納豆冷かけそば」もおすすめ。そばにからまる納豆と冷たい汁の清涼感が食欲をそそります。
 
 イベント時にそばをゆでるのは協議会の方々、つまり地元の方々です。普段は別の仕事をされている方も、屋台での顔つきは真剣な“そば職人”そのもの。ここでも「一戸一輝」のごとく、一人一人が輝いています。
2010年8月掲載

ページ上部へ戻る