本文へスキップ

食を楽しむ

自慢の漬け物 “ナスの花ずし”

画像:自慢の漬け物 “ナスの花ずし”

 

 

 秋田県南部の家庭で多く作られるお漬物で、お盆や正月などの祝事があるときなどに食卓に並びます。
気取らないお茶受けとして、お客様にお出しすることもあるそうです。

輪切りにした大振りのナスを砂糖、塩、焼酎で漬け込みます。ナスがしんなりとしてきたら切りこみを入れ、蒸かしたもち米をナスの上に敷き詰め、菊の花と、輪切りにしたなんばん(唐辛子)をのせます。一つひとつが手作業の、とても手間のかかる漬け物です。

ほんのりと紫がかったお米に菊の黄色となんばんの赤が栄え、見た目も鮮やか。上品なその姿は、食卓を華やかに彩ります。

ナスにのせられたもち米の自然の甘さ、食用菊のほろ苦さ、なんばんのピリ辛が絶妙のハーモニーとなって、とても奥深い味わいを生み出します。

余目のお母さんたちは、家々に伝わる漬け込みの技で、花ずしの味や鮮やかな発色を競い合います。

『一戸一輝』に欠かせない、余目の看板料理と言えるでしょう。

2010年8月掲載

ページ上部へ戻る