本文へスキップ

食を楽しむ

ひねりミズとカジカのかやき


  北部川崎地域内を流れる山谷川では、カジカがよく獲れます。カジカは小さな川魚で、タンパクなプリプリとした白身が特徴です。山谷川から獲れたカジカは冷凍保存をしておき、料理に使用する時に解凍します。

 「ひねりミズ」は、長いミズを10本くらいずつ束ね、おしぼりを絞るようにひねります。すると、ミズが潰れて粘りが出てくるそうです。
 味噌で味付けをされた「ひねりミズとカジカのかやき」は、カジカのダシがよく出て、ミズの粘りがおつゆに溶け出し、とろみがあります。
 また、北部川崎集落で行われている「火振りかまくら」などでは、お母さんたちが作った「ひねりミズとカジカのかやき」が持ち寄られることもあります。
 
 集落の隠れたごちそう「ひねりミズとカジカのかやき」は、北部川崎地域のおふくろの味です。
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る