本文へスキップ

歴史を知る

白岩地域の歴史

画像:白岩地域の歴史

 

 古い武家屋敷が立ち並ぶみちのくの小京都・角館。そこから車で15分の場所に、角館より古いといわれる城下町の歴史を残す白岩地域があります。
 「此白岩もいといと古き処也」と白岩の名を記したのは江戸時代の紀行家・菅江真澄。
著書「月の出羽根路 仙北郡」には白岩城主が統治した歴史を記述し、白岩の城下町を眺めながら、「鎌倉街道、江戸街道といふ如き、其威風盛なりし世をおもひやるべし」と、中世の賑やかな白岩を懐かしむ言葉を残しています。
 真澄の記述にもある白岩氏は、地元の豪族下田氏が通称で呼ばれるようになったものと言われます。仙北を治めた戸沢氏の傘下となり、白岩は戸沢領となります。戸沢氏は鳥海地域の中直根を治めた根井正重の娘を嫁にめとっており、当時の秋田県内の豪族たちが密接に関わっていたことがうかがえます
 白岩集落はその平城址の下を通る白岩街道に沿って整理された町の作りを残しています。平城前の通りは「本町通り」と呼ばれ、武士が多く住まいを持っていたのに対し、その手前の「前郷通り」は商人や農民などが暮らしていました。今でも各家々には当時の「屋号」が残されています。
 江戸時代中期に豊富な陶土が発見された白岩は、白岩焼と呼ばれる陶器の一大生産地となり、年間4万個余りを生産する商業・工業地帯とも言える地域に変化をとげます。松本運七という福島県出身の陶工が生み出した白岩焼は、秋田藩主佐竹氏の支援もあり、明治中期に大地震で大きな被害を受けるまで、白岩の一大基幹産業として地域を支えました。佐竹氏に献上した白岩焼も残っており、武士の町だった白岩は職人長屋がのきを連ねるようになりました。
 その職人長屋の前郷通りにある雲巌寺は、菅江真澄が白岩を訪れた当時、すでに365年の歴史をもつ古刹。円満造翁がこの寺でドンパン節を作曲するのは、さらに後のこと。菅江真澄だったら、このエピソードもきっと記録してくれたことでしょう。
 現在、村おこしグループの「プロジェクトS」が、中世白岩に光を当てようと開催している「白岩城址燈火祭」では、雲巌寺が中世から続く「鐘」の音を白岩に響き渡らせています。
 
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る