本文へスキップ

歴史を知る

画聖「鈴木空如(くうにょ)」

画像:画聖「鈴木空如(くうにょ)」

 世界文化遺産である法隆寺にある「法隆寺金堂壁画模写」で世に知られる鈴木空如は、明治6年(1873年)、現在の大仙市太田町小神成(こがなり)地域で生まれました。一生を清貧に過ごし清廉潔白な人物として有名で、その生き方と作品の完成度の高さから「画聖」と評されています。 

空如は明治25年(1892年)に上京して、画工・長山蘭林に師事し日本画を習います。日清戦争に従軍後の明治31年(1898年)、念願だった東京美術学校に入学します。山名貫義に師事し、仏教の正しい儀軌(ぎき・ルールのこと)を後世に残すことを生涯の使命と考えるようになります。生涯に渡って5000点を超える作品を残したと言われています。 

空如はふるさと秋田の大仙市内小友の佐藤維一郎や、大曲町長を務めた田口松圃らと親交を持ちます。中でも特に維一郎が良き理解者であり支援者でした。空如の高い筆致や技法、特に代表作「法隆寺金堂壁画模写」は、その完成度の高さに専門家たちを驚嘆させたと言います。現在とは照明技術も異なり劣悪な環境の中、何十回にも渡り法隆寺に足を運び入念に模写し、時代を経た古い色合いや剥落、変色、にじみ方はもちろんのこと、儀軌を理解した表現など、高い審美眼と技法で実にきめ細かに仕上げました。

最愛の一人娘を幼くして失う不幸もありましたが、一生を古仏画に捧げ、昭和21年(1946年)に73歳でその生涯を閉じます。現在、史跡・太田城跡そばにある生家前には文化財の標柱が立ち、空如の偉業をしのぶことが出来ます。

2012年5月掲載
■参考文献
『信仰の仏画師 鈴木空如』大岸佐吉/著
『鈴木空如の信仰と芸術』パンフレットより

【問い合わせ先】大仙市文化財保護課
●住所/大仙市高梨字田茂木10
●電話/0187-63-8972

ページ上部へ戻る