本文へスキップ

名物に触れる

ホタルの里・余目

画像:ホタルの里・余目

 余目地域のシンボルとして夏の夜を彩る「ホタル」。6月中旬から7月上旬、「ビオトープ公園」の近隣を訪れると、その淡い若葉色の光の軌跡を楽しむことができます。

 毎年この時期、「余目地域活性化対策いきいき会議協議会」のメンバーがガイドとなって、集落を訪れる方々へ向けた「ホタル観賞会」が開催されています。
 
 観賞会が行われる頃に、優雅な姿を覗かせるのは「ゲンジボタル」。日本に生息するホタルの中でもひと際大きく、目立つ程の強い光を放つため、もっとも親しまれているホタルと言えます。成虫として夜空を飛びまわり、光を振りまくことのできる期間は2週間程度であることから、命の儚さを謳った映画などの題材にもよく使われます。

 かつて余目の森は、多くのホタルによってネオン街のように輝いていたそうです。現在では都市開発などにより全国的に生息数が減りつつあります。余目ももちろん例外ではありません。しかし、日頃からの地域住民たちによる熱心な保護活動により、今でも無数のホタルが飛び交うさまを観賞できます。漆黒の夜闇に浮かぶ、淡い命の灯火は、いつの時代も変わることなく私たちを魅了します。

【ホタル鑑賞会のお問い合わせ】
・余目いきいき会議協議会(加藤) 電話 0187-68-2202
・内小友公民館:電話 0187-68-2033

※ホタルの生育状況によって鑑賞会の期間が変更になることがあります。余目地域のビオトープ公園に案内人が待機しているので、公園を目印にしてください。ビオトープ公園の場所は元気ムラサイトのイラストマップをご覧ください。

2010年8月掲載

ページ上部へ戻る