本文へスキップ

名物に触れる

~中世・近世・現代を結ぶ~白岩城址燈火祭

画像:~中世・近世・現代を結ぶ~白岩城址燈火祭

 -時空を越えた光の一大ページェント-

 
 白岩城址燈火祭は、白岩地域の活性化に取り組んでいる住民グループ「~白岩村おこし~プロジェクトS」が、地域の歴史や文化に光をあてるともに、雪国の冬を楽しむイベントとして平成14年(2002年)から開催しています。
お祭りの会場となるのは、中世に城があった「平城跡」と「館山」。メイン会場となる「平城跡」には200個のかがり火を使用したミニかまくらで彩られます。そして「館山」には、聖獣・麒麟をかたどった500個のかがり火が焚かれ、観客たちを幻想的な雰囲気へと導いてくれます。
 平成22年(2010年)の2月に行われた燈火祭では地域住民たちはもちろん、白岩小学校の子供たちや国際教養大の留学生たちが活躍しました。オープニングでは白岩地域の子供たちによるゴム風船飛ばしが行われ、5年生は雲巌寺に鐘を突きに向かい、そして6年生は夜の「館山」へと登り、かがり火への点火を行いました。この鐘つきと点火作業は毎年白岩小・高学年の児童たちの役割となっています。 
 
白岩小のこどもたちによる風船飛ばしで燈火祭は幕を開ける
 
 国際教養大の学生・留学生たちは、白岩地域で行うさまざまなイベントや行事の手伝いをしてきました。この燈火祭においても会場設営などに参加し、地域住民たちとの言葉の壁を越えた交流をし、絆を深めあっています。
会場では、地元のお母さんたちや「白岩若者会」が出店した多数の屋台が立ち並び、冷えた身体を温める甘酒や多数の料理が振る舞われました。準備する食材の量は年々、増えているそうです。
火振りかまくらや、綱引きなどのイベント、さらには花火も打ち上げられて、たくさんのお客さんも含め地域全体がおおいに盛り上がりました。最後に、国際教養大から白岩地区へと宛てたメッセージを掲げて、今年の燈火祭は幕を閉じました。
 
地元の小正月行事「火振りかまくら」も行われた
 
「燈火祭が楽しみで、プロジェクトSの一員になりたかった」と、祭りの余韻の中で話してくれた参加者がいます。白岩の住民ではありませんが、3年前から準備を手伝うようになって入会を果たしました。「10年、20年と、ずっと続けてほしい」という声も聞かれます。年ごとに進化を見せる白岩の冬のイベント燈火祭風物詩、その手作りのお祭りをあなたも体験してみませんか。
2010年4月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
第17回 白岩城址燈火祭リポート (2018年掲載)
第16回 白岩城址燈火祭リポート (2017年掲載)
第15回 白岩城址燈火祭リポート (2016年掲載)
第13回 白岩城址燈火祭リポート (2014年掲載)
第12回 白岩城址燈火祭リポート (2013年掲載)
第11回 白岩城址燈火祭リポート (2012年掲載)

ページ上部へ戻る