本文へスキップ

語りを聞く

アケビ栽培の取組

画像:アケビ栽培の取組

地域を支える新たな資源に育てたい

 平成21(2009)年8月、由利本荘市中直根(なかひたね)地域では新たな特産品と地域のにぎわいづくりを目的に、観光客が多く行き交う県道70号線沿いに「アケビ園」を整備しました。
 
 アケビはツル性落葉高木の一種で、中直根にはたくさん自生しています。熟した甘い実は山で遊ぶ子供たちのおやつとして、また長くて柔らかな「つる」はカゴやザルなどの工芸品の材料として、地域住民たちから親しまれてきました。
 
 近くの里山から採ってきたアケビ40本が植えられたアケビ園ですが、アケビがたわわに実るまではさらに2~3年かかることから、中直根では本格オープンまでの間にアケビのつるを使った工芸品づくりやアケビの料理レシピの開発などに挑戦しています。
 
 中直根若勢会では、平成21(2009)年度の県の農山村モデル事業を活用して、国際教養大学や秋田美術工芸短期大学と共にアケビのワークショップを開き、学生の持つ若い感性に刺激を受けながら、ツル細工や料理の商品化、アケビの持つ効能などについて勉強しています。平成22(2010)年1月のワークショップでは住民と学生たちが入り交じりながら、バッグやランプシェード、オブジェなどの試作品作りに熱中しました。アケビ園の活用の様子は、産地直送ブログでも紹介しているので下のリンクからご覧ください。

平成22(2010)年4月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
中直根地域のフットパスリポート(2013年掲載)

ページ上部へ戻る