本文へスキップ

語りを聞く

坂之下部落会

画像:坂之下部落会


  由利本荘市の坂之下集落は旧矢島町に位置し、地域から見える鳥海山の眺望が美しい集落です。集落の高台にある鳥海山国際禅堂は、霊峰・鳥海山を眺める絶景ポイントです。
 
 地域の伝統と助け合いの精神を大事にしてきた坂之下集落ですが、少子高齢化に伴い交流の場が減少し、新しく地域に移住してきた若いお嫁さんなどとの交流がなく、地域全体の顔が見えないという課題がありました。
 
 そこで、坂之下部落会では住民交流の活性化のため、10年近く途絶えていた「地域運動会」を平成23年(2011年)8月に復活させました。運動会の復活により、世代間や子供達との交流が行われ、「地域の顔全体」が把握出来るようになったといいます。平成23年(2011年)1月の豪雪の際には、屋根がつぶれそうな一人暮らしの高齢者の除雪を、部落の住民が協力して行いました。
 
 このように坂之下部落会が目指すのは、今までの地域の伝統や相互扶助を継続しながら、由利本荘市と一体となって地域活性化の活動をしていくことです。国際教養大学の学生や他地域との交流など様々なイベントを行い、地域の発展や将来の構築に取り組んでいます。
 
●集落運動会の様子は産地直送ブログでもご紹介しています
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る