本文へスキップ

風土を楽しむ

掛魚(かけよ)まつり

画像:掛魚(かけよ)まつり

  掛魚(かけよ)まつりは、江戸時代の元禄年間(1688年~1704年)から始まったといわれる伝統のお祭りで、かつては港の近くにある神社の宵宮祭りとして行われていましたが、明治年間に金浦山神社と合祀したことから、毎年2月4日に行われるようになりました。

 水揚げされた大鱈を神前に掛けて奉納し、大漁祈願や海上安全などを祈願します。
 お祭りで振る舞われる鱈汁は、海難などで近隣から受けた援助に感謝して振る舞われたことが始まりとされています。
 

 詳細は「産地直送ブログ」からご覧ください。

【産地直送ブログ】
にかほ市・金浦地域の伝統「掛魚(かけよ)まつり」(2016年2月掲載)

 
2016年3月31日掲載

ページ上部へ戻る