本文へスキップ

食を楽しむ

夕顔汁(ゆうがおじる)

画像:夕顔汁(ゆうがおじる)

 

 食材の宝庫上笹子ならではの夏場の郷土料理「夕顔汁」をご紹介します。

 用意するのは夕顔とサバ水煮の缶詰にお味噌のみ。夕顔はウリ科の野菜で、ひょうたんのような細長い実をつけます。巻き寿司に使われるカンピョウは、夕顔の実を細く切って乾燥させたものです。夏場によく採れる夕顔をうまく調理する方法はないか?と地元の人々が考えたのがこの夕顔汁です。

 夕顔の種を取り皮をむいたら、食べやすいサイズに刻み、水から煮たてます。夕顔が透明になってきたらサバの水煮を混ぜ、味噌を混ぜれば出来上がり。お好みでネギや豆腐を入れてもよし、夕顔の代わりにタケノコを混ぜることもあるそうです。

 サバのうま味としゃきしゃきした夕顔の食感が楽しめる、ボリュームたっぷりの夕顔汁。何杯でもおかわりできる上笹子のふるさとの味です。
2010年12月掲載

ページ上部へ戻る