本文へスキップ

食を楽しむ

イチジクの里、金浦地域・大竹(おおたけ)集落

画像:イチジクの里、金浦地域・大竹(おおたけ)集落

  9月中旬から10月いっぱいにかけ、県道289号の西側に位置する「イチジク団地」では収穫の最盛期を迎えます。 
 昭和10年(1935年)頃からイチジクの栽培に着手し始めた大竹集落では、2016年現在、40戸の農家がイチジク栽培を行っています。
 秋田県産イチジクの9割は大竹産という収量を誇り、イチジク栽培は大竹集落の自慢と言えます。

関連ブログは「産地直送ブログ」からご覧ください。

【産地直送ブログ】
イチジクの里・にかほ市金浦地域の大竹集落。(2015年11月掲載)

2016年3月31日掲載

ページ上部へ戻る