本文へスキップ

食を楽しむ

三ツ方森の豊富な山菜

画像:三ツ方森の豊富な山菜

 三ツ方森(みつかたもり)集落の山々に眠るお宝は、なんといっても山菜です。
 「根花餅(ねばなもち)」や「冷や汁(ミズのたたき入り)」を筆頭に、「ミズたたき」「ワラビたたき」などが伝統料理として古くから三ツ方森集落で食されてきました。
 最近では、集落の料理名人のお母さんたちにより、ミズのカレー風味のお漬物などの様々な創作料理も登場しています。
 2011年、東京都銀座で行われた「ファーム・エイド2011」では、三ツ方森集落のブースで、「根花餅」の材料である「根花粉」の販売、そして「ミズたたき」と「根花餅」の試食コーナーが設置されました。
 ミズやワラビを初めて食する方々にも「美味しい」と言わせるのが、三ツ方森集落の山菜たちです。ちなみに三ツ方森、大台地域近辺の山々での山菜とりには入山料(1人1,000円=平成23年現在)が必要ですので、ご注意ください。
 

2012年5月掲載

ページ上部へ戻る