本文へスキップ

食を楽しむ

ミズたたきの冷やし汁

画像:ミズたたきの冷やし汁

  山頂からの素晴らしい眺めと山の幸に恵まれた、由利本荘市、三ツ方森・大台(みつかたもり・おおだい)地域では、採れたての瑞々しいミズをたたきにしたものを「冷やし汁」に入れてよく食べるそうです。
 ミズには「青ミズ」と「赤ミズ」の2種類あります。
 「青ミズ」は粘りが弱く、和え物やおひたしなどにしてよく食べられます。一方、「赤ミズ」は大変粘りが強く、特に大きいものがたたきには最適だそうです。
 「ミズたたき」は一回茹でたミズをすぐに冷やし、袋に入れてからハンマーでたたいて潰していきます。大体潰れてきたら、袋から出して今度は包丁でたたいていきます。たたいたミズに味噌を入れて味付けをし、ミズと味噌がまんべんなく混ざったら「ミズたたき」の完成です。
 「ミズたたき」やお味噌汁には「麹味噌」を使っているため、三ツ方森・大台地域の冷やし汁はお酒のような上品な香りを醸し出し、ミズのシャキシャキとした食感が涼しげです。
 食欲がなくなってしまいがちな暑い夏でもゴクゴクと飲み干してしまえるような、夏の季節にはたまらない、三ツ方森・大台地域ならではの味です。

2012年5月掲載

ページ上部へ戻る