本文へスキップ

食を楽しむ

滝の味噌仕立て「いものこ煮」

画像:滝の味噌仕立て「いものこ煮」

  滝地域の伝統料理にして秋の風物詩、それが「いものこ煮」です。秋田県内陸南部では「醤油仕立て」でよく食べられる料理「いものこ汁」ですが、ここ滝地域の「いものこ煮」は一味違います。

 
 出汁は鶏だし、それに主役のいものこ、地元のキノコ、こんにゃく、にんじん、ねぎ、ごぼう、とこのあたりまでは一緒ですが、最後に入れる調味料が醤油ではなく「味噌」仕立てなんです。
 
 さっぱりとした醤油仕立ても美味しいのですが、コクのある味噌はまた一味違った濃厚な味わい。とろっとろの「いものこ」がまた良く合うんのです。もちろん、各家庭によっていろんな工夫があるので、それぞれの「おふくろの味」ともなっています。
 
 復活した「荷縄はずし」でも振る舞われ、地元の人のみならず国際教養大学の皆さんにも大好評でした。
 秋風の中、あったまる一杯。皆さんも作ってみてはいかがでしょうか。
 
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る