本文へスキップ

食を楽しむ

さなぶりのお菓子 俵(たら)

画像:さなぶりのお菓子 俵(たら)

  

 由利本荘市・赤田地域には、田植えが終わった「さなぶり」の時に食べられるお菓子があります。
 
 「俵」と書いて「たら」と呼ばれる、五穀豊穣を願い家族で食べられているお菓子で、お餅をサイコロ状に切ったものを炒ったり揚げたりして作る「あられ」を、炒った豆と一緒に「ほおの葉」に包んだ昔懐かしい装いです。
 
 炒って膨らんだあられは俵のような形をしており、カリカリとした歯ごたえ、そしてふんわりと香るお餅の香ばしさと素朴な味わいが、どこか懐かしさを感じさせるお菓子です。
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る