本文へスキップ

歴史を知る

池田五郎兵衛屋敷門扉

画像:池田五郎兵衛屋敷門扉

  池田五郎兵衛屋敷門扉(いけだごろうべいやしきもんぴ)は、にかほ市金浦地域の大竹集落に200年以上も昔から残されている屋敷門で、伊勢居地生駒藩の家老、池田五郎兵衛家のものと伝わっています。
 屋敷門を置くことは、地方では名主や家老など重要な役職についていた者や、本陣だけに許されていたと言います。
 このように綺麗に残されている門扉は稀で、にかほ市指定有形文化財(建造物)に指定されています。

平成28(2016)年3月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
金浦地域百景 その2~生駒藩家宰 池田五郎兵衛屋敷門扉~(2015年11月掲載)

 

ページ上部へ戻る