本文へスキップ

歴史を知る

直根環境改善センター

画像:直根環境改善センター

  2009年夏に元気ムラづくりの目玉施設「観光アケビ園」を整備した中直根地域。2、3年後にはアケビの実がたわわに実り、新たな特産品として多くの観光客の足を止めることが期待されています。こうしたプランを話し合う拠点が、地域の中心部にある「直根環境改善センター」です。

 県の農山村活力向上モデル地域に指定された中直根では、センターを会場に2009年から2010年にかけて様々なワークショップが開催されました。国際教養大、秋田県立大学本荘キャンパス、秋田大学、そして秋田工芸美術短期大学の若い教授陣や学生たちが住民とひざを交えて意見交換し、アーティスティックかつ若い感性のもと、アケビつる細工の商品化やアケビ料理のレシピ開発、アケビの館の青写真など、いろいろなアイディアがもたらされ、地域はこれまでにない活気に包まれました。
 直根環境改善センターでは、このほかビール祭りや才の神祭りなどの地域行事も行われています。

センターで行われた行事の様子は産地直送ブログでも紹介しているので次のリンク先からご覧ください。
2011年 石窯ピザ講習会
2011年 ビール祭り
2012年 ビール祭り
2012年 ひたね雪ん子まつり
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る

由利の関連情報